開催日
2007/07/14 2007/08/11 2007/09/08 2007/10/13 2007/11/10 2007/12/08
岩澤八千代

 

 

 

 

 

 



菊江 寛
(高望正夢)

 

ふかぶかと
愛を告げる
チェロの
引き締まったボディ
俺の負けだよ   (三席)

 

 

 

天女の船団か
うす雲よ
旅ごころだけを
連れて
いかないでくれ

倉田モコ

 

「月が綺麗」
空を見上げたのは
母亡くして
二十三日目
静かに照らす  (三席)

 

 

 

息子夫婦からの
ぷれぜんと
初孫
幸せな
クリスマスがくるね

 

現金も
貯金も
年金も無いのに
借金だけが
いつも有る私

 

 

 

昔の作品が
恥ずかしい
全てを消去して
ゼロから
やり直したい

喬城奈緒海

 

 

 

 

 

 

なまいきなこ

 

落としたガムを
とっさに
汚れを払い
口に入れた幼児
その素速さ   (二席) 

 

 

 

人通りが
少なく
古い家が並ぶ
味のある
裏通り

 

日比谷資料館に
並んで競いあっている
大輪朝顔の花
育て咲かせた友に
拍手を送ります

 

 

 

 

掘さと子

 

 

 

 

 

 

牧野 夢

 

人の波間に
朝顔がのぞく
鬼子母神様へ
お賽銭百円玉一ツ
願い事はサマージャンボ

 

 

 

 

松本 佳代

 

オレンジの太陽に 
大きく笑う
ヒマワリが好き
あなたには
青空がぴったり  (一席)

 

 

 

海老のしっぽが
大きくはみ出す
天重
滝の音がひゞく中
二人でにっこり   (一席)

悠木すみれ

 

現実の諸々は
そのままに
定年後の
海外移住の話で
盛り上がる

 

 

 

雪のほかは
なにも生まれてこないような
男鹿の冬
空も海も
灰の色        (一席)

 
吉川敬子

 

 

 

 

 

 

吉村恒雄

 

今日もまた
出会いと別れ
愛と哀
愛憎哀楽
人生の四季